布ナプキンの洗い方

1.経血を洗い流します

使用後は流水で経血を洗い流します。できるだけ経血を洗い流してください。布ナプキンを水でたっぷり濡らして優しく絞るようなイメージです。(時間のない時は軽くでも・・・)※洗い流す際、お水はぬるま湯程度にして下さい。経血は40度を超えるお湯を使用しますと固まり落ちにくくなります。

 

2.つけ置き洗いをします

40度以下のぬるま湯、または水にセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォシュ)を溶かした液に付けておきます。(2リットルに大さじ1杯強)5〜6時間ほどつけて置くとすっきり綺麗に落ちています。つけ置きバケツはホーロー製がオススメですが、プラスチックバケツを使用している方もいらっしゃいます。アルミ製品はお避け下さい。つけ置きの際にティーツリーオイルを数滴入れることで殺菌、防臭効果が期待できます。(100均等でも販売されていますが、人工香料やアルコールなどが含まれていない天然成分100%の精油をお使いください。)★お子様の手の届かない場所に置いてください。

 

3.石鹸でお洗濯

石鹸で揉み洗いをし、しっかりと濯いでお洗濯。 洗濯機で洗う場合は流水でもう一度濯ぎ、形を整えてネットに入れて洗ってください。その際、柔軟剤を使用すると給水力が劣りますので使用は避けていただくようにお願いします。お肌に優しいオーガニック素材を使用しておりますので、洗剤は合成洗剤の使用を避け、石鹸の使用をお勧めします。布ナプキンは他の物とは分けてお洗濯してくださいね。

 

4.日光に当ててしっかり乾かす

お洗濯が終わりましたら、形を整えます。日光消毒にもなりますのでお日様に充分当ててしっかりと乾かしてください。

 

温活シルクの『絹ライナー』について

石鹸で優しく手洗いをしてください。その後よくすすいで日陰に干してしっかりと乾かしてください。
温活シルクの『絹ライナー』につきましては、生理用にはご使用いただけません。温活、日々のおりもの用(布ライナーの代わり)としてご使用ください。シルクの変色の原因になりますので、日陰にて乾かしてくださいね。また、アルカリウォッシュもご使用を避けてくださいませ。

 

外出時のお手入れ

経血は乾燥したまま置いておくと汚れが落ちにくくなります。 出先ではお水を入れたスプレーボトルを用意し、使用後のナプキンを湿らせてください。ビニール袋に入れて持ち帰り、持ち帰った後は流水で洗い流すところからお洗濯してください。スプレーボトルにアルカリウォッシュを薄めていれておくとより汚れが落ちやすくなります。

 

注意していただきたい事

防水布を使用している布ナプキンホルダー・一体型布ナプキンについては煮洗い、アイロンの使用は避けてください。防水機能が損なわれます。